スマートフォン用の表示で見る

ヒッピー

社会

ヒッピー

ひっぴー

1960年代、アメリカ合衆国において、青年層を中心に起こった運動を支持した人々の呼称。反体制・自然賛美派の若者。

既成の社会体制と価値観からの離脱を目ざす対抗文化countercultureの運動が生じた1960年代、この運動とそれを担った人々のことをヒッピーと呼ぶ。アメリカと同様に高度な産業化を実現したイギリスフランス、日本などにも波及。自由と愛という人間的な価値を尊重し、理性の尊重よりも感性の解放を求め、音楽、ドラッグ(LSD、マリファナ)、東洋の神秘主義思想(禅や道教)などによる意識の拡大化と変革を志向した。

由来

由来に定説はないが、音楽とくにジャズブルースに熱狂して忘我状態に陥ることを黒人の俗語でhip, hepといい、ここから派生したといわれている。

背景と思想

産業社会の豊かさは、主要な支持層である中産階級に、合理的で物質主義的な生活様式と生き方をもたらした。ヒッピーは彼らをスクウェア(堅物)とよび、主流文化からのドロップアウトを図った。なによりも自由と愛という人間的な価値を尊重するヒッピーは、自分自身のために生きるため、原始的共同生活を営んだ。男たちは、ひげを伸ばし、長髪を好み、ジーンズをはいた。女たちも、長い髪にミニスカートをはき、ペンダントをかけたり、サンダルを履いた。ボヘミアンライフスタイル平和主義を象徴するものとして、彼らは好んでハトや花のシンボルを使用した。他方ではまた、テクノクラシーの基盤をなしている客観的知識=科学と理性に疑いを表明した。

運動のその後

ヒッピー運動は、イデオロギーに基づく社会変革よりも、個人の意識変革を目ざす文化運動であったため、1960年代後半には、人種問題、ベトナム反戦などの社会運動と呼応して盛り上がりをみせたが、70年代に入ると急速に終息した。しかし、彼らの思想や風俗は、その後、主流文化に浸透するとともに、エコロジー運動、反核運動、ニューサイエンスなどに受け継がれている。

導師

詩人のA・ギンズバーグは、上記のような運動の優れた実践者、導師として彼らの尊敬を集めた。