ヒップアタック

スポーツ

ヒップアタック

ひっぷあたっく

プロレスの技の1つ。

相手をロープに振りつつ追いかけるようにして走り、ロープの跳ね返り際を狙い、体をひねりながらジャンプして、ケツを相手の顔面などを目掛けて叩き込む技である。


越中詩郎の得意技であり、ケンドーコバヤシのモノマネによって技の知名度も飛躍的に上がった。

ケンコバ曰く「ヒップ=尻。アタック=攻撃。つまり、人間の一番軟らかいところで攻撃するわけです」