HGH からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

ヒト成長ホルモン

ひとせいちょうほるもん

HGH(ヒューマン・グロス・ホルモン

脳の一部である脳下垂体前葉で作られるホルモンのこと。

また、成長ホルモン分泌不全による低身長症の治療薬。

筋肉増強作用があるため、世界反ドーピング機関(WADA)に禁止薬物として指定されている。

作用

  • 脂肪分解作用
  • 骨伸長作用(身長を伸ばす作用)
  • 皮下組織水分貯留作用(シワが軽減)
  • タンパク同化作用(筋肉や髪を作る)

3〜17歳が体内の成長ホルモン量のピークで20歳から25歳にかけて成長ホルモン量は急に少なくなり、20歳の時の40%にまで減り、80歳までには5%まで低下するといわれている。

[asin:B004I5IUBO:detail] [asin:B004OPQB6E:detail]