スマートフォン用の表示で見る

ヒヌカン

一般

ヒヌカン

ひぬかん

火の神。沖縄など琉球諸島で家の守護神として信仰される存在。普通は台所に祀られ、古くは竈のうしろに置かれた3個の石をご神体とした。現在ではウコール(香炉)がそれに代わっている。

一般家庭では、旧暦1日と15日にウブク(ご飯)などの供物を供える。

家庭で祀られるヒヌカンのほかに、琉球王朝全体で祀られるヒヌカンや、地域で信仰されるヒヌカンもあり、最高神とされる。

ヒヌカン信仰は本土の三方荒神中国の竈神(カマド神)信仰習合して形作られていったと思われる。ヒヌカンは女性が守るものとして、現代でも沖縄の人々の暮らしには欠かせない存在となっている。

google:ヒヌカン