スマートフォン用の表示で見る

ヒノデマキバオー

マンガ

ヒノデマキバオー

ひのでまきばおー

フィクション作品内に登場する架空の競走馬

(父)(市)ヒノデマキバオー

生年月日2004年3月31日生まれ・牡・白毛
生産者みどり牧場(北海道鵡川
タマブクロス
マキバコ
母の父サンデーサイデンス
馬主一条
管理調教師馬場美浦)→福留政親(高知
主な勝ち鞍帝王賞 黒潮ダービー
備考叔父にミドリマキバオー


ヒノデマキバオー週刊プレイボーイに連載中の漫画「たいようのマキバオー」の主人公サラブレッド。母はマキバコで自身はミドリマキバオーの甥にあたる。毛色は母から遺伝した白毛であり、外見も犬かロバにしか見えない。本馬は市場取引され、上場された時の取引価格は4,000万円。一端は中央競馬でのデビューを目指したものの、慢性の脚部不安により未出走のまま高知競馬に引き取られた。ヒノデマキバオーは身請け先の福留政親厩舎で可愛がられ、調教師の実子で主戦騎手の福留隼人に全幅の信頼を置いている。隼人がヒノデマキバオーにつけた愛称は文太(高知名物の土佐文旦が好きなことから)。経営難の高知競馬アイドルホースとして担ぎ出され、脚部不安が癒えないまま毎週のように出走し客寄せをしていた。高知転厩後12戦目で初勝利を挙げた。現役馬。


ヒノデマキバオーの血統*1


タマブクロス ビーチクロ *Fortino Grey Sovereign
Ranavalo
ズイショウ *Partholon
キムラス
グリーンシャドウ *Chateaugay Swaps
Banquet Bell
クインビー *Tudor Period
コーサ
マキバコ サンデーサイデンス
*Sunday Sidence
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ミドリ マルゼニスキー Nijinsky
*Shill
   
 


*1:この血統はモデル馬から推測したフィクションです。

目次