ヒュー・ラティマー

一般

ヒュー・ラティマー

ひゅーらてぃまー

1485〜1555、イギリス。非妥協的で激烈な宗教改革を断行。カトリックのメアリ1世の就任時、改宗を迫られて峻拒し、隣区のニコラス・リドレーと共に火刑に付された。その時の辞世句;「我々はいつまでも消えない灯芯と成らん!」。