ヒンデンブルグ・オーメン

社会

ヒンデンブルグ・オーメン

ひんでんぶるぐおーめん

Hindenburg Omen

株価の先行きに警鐘を鳴らすシグナルとされているテクニカル分析パターン。株暴落の前兆。

2010年7月23日から25日の3日間に米国株式市場に起きた現象から、盲目の数学者であるJim Miekkaが導きだしたとされる*1

この名称は1937年5月6日、アメリカで発生したドイツ飛行船ヒンデンブルク号」の爆発・炎上事故に由来する。

発生条件は諸説あるが、直近では以下の4つの条件が同じ日に起こったときとの見方が多いとされる。

起こる条件

その後に起こりうること

  • 77%の確率で株価が5%以上の下落
  • パニック売りとなる可能性が41%
  • 株式市場が重大なクラッシュとなる可能性が24%