スマートフォン用の表示で見る

ビートたけし

アート

ビートたけし

びーとたけし

コメディアン。同時に、世界的にも知られた映画監督北野武」でもある。コント集団「たけし軍団」を率いる。

淑徳大学教授の北野大は兄。松田井子(北野井子)は娘で、北野篤は息子。

1947年生まれ(団塊の世代)。東京都出身。明治大学工学部中退*1浅草フランス座深見千三郎の弟子として、修行を積む。

1973年に兼子二郎(ビートきよし=現ビートキヨシ)とともに漫才コンビ・ツービートを結成。1976年、漫才師松田幹子と結婚(レーサーの松田秀士は義弟にあたる)。1980年漫才ブームにより一躍人気を集め、翌81年に放送が開始された『ビートたけしオールナイトニッポン』『オレたちひょうきん族』で時代の寵児となる。さらに1983年公開の映画『戦場のメリークリスマス』では俳優としての地位を築き、のちに映画監督となる布石をつくる。また同時期には自伝『たけしくん、ハイ』(1984年。のちにNHKでドラマ化)や小説集『あのひと』(1985年)などの著作を刊行したり、埴谷雄高吉本隆明によるいわゆる反核論争に対して『朝日ジャーナル』誌上で批評を行なうなど新たなオピニオンリーダー的存在としても注目されるようになった。1986年、フライデー襲撃事件*2懲役6ヶ月、執行猶予2年判決東京地裁、確定)。1994年、赤坂御苑北側のカーブでバイク事故(反則点数7点、免許停止30日)。酒気帯び運転にて書類送検されるも起訴猶予暴力団との関係も噂されている。

*1:2004年9月8日、特別卒業が明らかに

*2:事件のきっかけは、たけしが親密交際をしていた専門学校生の女性(当時21歳)に対し、写真週刊誌『フライデー』の契約記者が、彼女が通う学校の校門付近でたけしとの関係を聞こうと声をかけ、それを女性が避けて立ち去ろうとしたため、記者が彼女の手を掴んで引っ張るなどの乱暴な行為に及んだこと