ビートブラック

スポーツ

ビートブラック

びーとぶらっく

競走馬。馬名意味は黒を打ち負かす。

2012年天皇賞(春)ではゴールデンハインドと大逃げを打ち、そのまま2着のトーセンジョーダンに4馬身差の大差を付け逃げ切り、見事重賞初制覇をG1で飾った。このとき14番人気で、単勝倍率は159.6倍に上った。

2013年京都記念のレース後、右前繋部浅屈腱炎を発症、長期休養を余儀なくされた。2014年大阪杯で復帰したが、右前繋部浅屈腱炎が再発し、2014年4月11日付けで競走馬登録を抹消、現役を引退した。

ビートブラック

生年月日2010年5月11日
性別
毛色青毛
ミスキャスト
アラームコール
母の父ブライアンズタイム
生産者ノースヒルズマネジメント新冠町
馬主前田幸治
管理調教師中村均栗東
競走成績34戦6勝(6-4-3-21)
主な勝ち鞍2012年天皇賞(春)GI
備考

血統表

ミスキャスト *サンデーサイレンス
Sunday Silence
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
ノースフライト *トニービン
Tony Bin
*カンパラ
Severn Bridge
シヤダイフライト *ヒッティングアウェー
*フォーワードフライト
アラームコール *ブライアンズタイム
Brian’s Time
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
*インワンズジョイ Rainbow Quest Blushing Groom
I Will Follow
Kaweah Maid General Assembly
Janina

リスト::競走馬