スマートフォン用の表示で見る

ビーバップハイスクール

マンガ

ビーバップハイスクール

びーばっぷはいすくーる

きうちかずひろ作のヤンキー漫画。

不良高校生を描いた大ヒット作であり、映画、ドラマと度々、映像化された。

BE―BOP―HIGHSCHOOL(1) (ヤンマガKCスペシャル)

BE―BOP―HIGHSCHOOL(1) (ヤンマガKCスペシャル)


2004年6月16日にTBS系「水曜プレミア」で放送されたスペシャルドラマ

2005年8月17日にTBS系「水曜プレミア」で第2弾が放送された。

http://www.tbs.co.jp/program/bebophighschool_20050817.html

キャスト 

泉今日子(石原さとみ) 加藤浩志(窪塚俊介) 中間徹松尾敏伸) 

山田敏光(坂口拓) 藤本輝夫(小林且弥

 

<スタッフ>

原作   きうちかずひろビー・バップ・ハイスクール』(講談社ヤンマガKCスペシャル1巻〜48巻発売中)

脚本   鈴木おさむ

プロデューサー  鈴木早苗

演出   金子文紀

主題歌  BOOWY「B・BLUE」ほか(東芝EMI)

製作   TBS

制作   TBSエンタテインメント


あの最強ツッパリコンビ、浩志と徹が帰ってきた!!

 『BE‐BOP‐HIGHSCHOOL』の原作は、きうちかずひろ氏による人気コミック。1983年から2003年まで20年に渡って『週刊ヤングマガジン』で連載され、単行本で48巻(現在無期限休載中)、トータル4000万部の売り上げを記録した。恋とケンカに生きるツッパリ高校生コンビ・加藤浩志と中間徹が主人公の痛快青春アクション。かつて中山美穂仲村トオル清水宏次朗らで映画化もされ、その後もキャストを変えて何度もリメークされている、若者の間で絶大なる人気を誇った有名な作品である。

 原作の人気はいまだ根強く、それどころか、コミックの主役たちのような「ツッパリ」が、再びブームになろうとしている。そんな今、満を持して2004年版の「ビーバップ」が復活! 注目の若手俳優・窪塚俊介の記念すべきデビュー作であり、ヒロインには石原さとみを迎え、さらにこれからブレイクが期待される若手俳優が数多く出演する。

 主題歌にはこちらも80年代の若者に熱狂的支持を得て、現在もその熱の冷めやらないBOOWYを起用するなど、話題には事欠かない作品である。