ビオンディ

音楽

ビオンディ

びおんでぃ

ファビオ・ビオンディFABIO BIONDI、1961〜)

シチリア島のパレルモ出身のイタリアの(主に)バロックヴァイオリン奏者、指揮者。中でもヴィヴァルディ作品の演奏には定評がある。

12歳でイタリア放送交響楽団と共演、16歳でリサイタルを開く。15歳でアーノンクール指揮の「マタイ受難曲」に触れて、古楽演奏にめざめたというが、20歳の1981年では「スタンダール・クァルテット」を組織して、イタリア現代音楽を演奏するかたわらで、ムジカ・アンティクァ・ケルンや、ヘレヴェッヘシャペル・ロワイヤルなどにも出演。その後、1989年に古楽オーケストラエウローパ・ガランテ」を結成し、新レーベルオーパス111」でレコーディングを開始する。ここでは、ヴィヴァルディなどの古楽にくわえて、プロコフィエフ無伴奏ソナタや、イタリア現代音楽のCDをモダンヴァイオリンの演奏で録音した。

指揮者としての活動も近年は始めており、ヘンデルオペラや、カルダーラのオラトリオなどを含めイタリアの現代では、あまり知名度の高くない作曲家の作品に至るまでの幅広いレパートリーを誇る音楽家である。