ビスクドール からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

アート

ビスク・ドール

びすくどーる

bisque doll

19世紀ヨーロッパ、特にフランスドイツで流行した、頭部と手が磁器でできている西洋人形。布でドレスを作って着せたりする。

「ビスク」とはフランス語で「二度焼き」のこと。当時、頭部と手部は二度焼きされた素焼きの磁器が用いられていた。

元はドレスの宣伝用に作られたものだったが、後に人形そのものが観賞の対象となった。