スマートフォン用の表示で見る

ビタミンB6

サイエンス

ビタミンB6

びたみんびーろく

アミノ酸代謝に広く関与する酵素の助手として働きます。日本人の通常の食生活では不足することはあまりありません。酵母、レバー、卵、肉類、魚、豆類、野菜に多く含まれます。バナナビタミンB6含有量は果実の中で断トツ!

■主な働き

神経伝達物質。脂肪やタンパク質代謝など生体内反応を促進する。免疫機能を促進する。

■日本の推奨量 : 1.4mg

アメリカの推奨する保健量(ODI) : 25〜300mg

■成分特性

抗酸化物質としても働き、摂取後2時間で、尿が黄色になる必要量が摂れているか一目でわかる。葉酸ビタミンB6が活性型になるためにはB2が必要。B6、ナイアシン、Cと一緒に摂るのが良い。

■こんな方にお勧め

肌荒れ、口内炎が気になる人、目の疲れやすい人、視力障害や白内障が気になる人、関節炎、脱毛の気になる人