スマートフォン用の表示で見る

ビタミンP

サイエンス

ビタミンP

びたみんぴー

ビタミンの一種であり、ファイトケミカルの一種。バイオフラボノイド類ともいい、ルチン、ヘスペリジン、ケルセチン、カテキンイソフラボン、リグナン、アントシアニンプロアントシアニジンなどの総称。

ビタミンCの吸収を助け、細胞を結合させ、毛細血管を丈夫にする(したがって、あざが出来やすい症状に効く)。


ビタミンC500mgあたりビタミンPを100mg摂取することが望ましいとされている。