ビタントニオ・リウッツィ

スポーツ

ビタントニオ・リウッツィ

びたんとにおりうっつぃ

Vitantonio Liuzzi

イタリア人。

1981年8月6日生まれ。

F1ドライバー

2004年、国際F3000チャンピオン

2005年、レッドブルから第三戦サンマリノグランプリでF1デビュー。

チームメイトのベテラン、デビッド・クルサードを上回る8位でフィニッシュし初出場でポイント獲得を果たす。

2005年、クリスチャン・クリエンとシートをシェアし出場する。

2006年、スクーデリア・トロ・ロッソレギュラーシート獲得。

2008年、フォース・インディアF1チームのリザーブドライバーに就任。2009年に正ドライバーのジャンカルロ・フィジケラフェラーリに移籍したことに伴い、正ドライバーに昇格した。

2011年ヒスパニア・レーシング(HRT)に移籍したが、2012年にはオーナー交代に伴い第3ドライバー降格の憂き目を見ている。

2014年全日本選手権スーパーフォーミュラおよびSuper GTへの参戦が発表された。なお同シリーズで活躍しているアンドレア・カルダレッリとは家族ぐるみの付き合いがある。

リスト::カーレーサー