スマートフォン用の表示で見る

ビフィズス菌

サイエンス

ビフィズス菌

びふぃずすきん

善玉菌の代表格ビフィズス菌は、オリゴ糖乳糖を分解して乳酸を生産する乳酸菌の一種です。乳酸菌は悪玉菌を追い出して腸内環境を整え、肝臓の解毒作用を助けます。

人の大腸の中には、100種類を超える細菌が棲みついています。その数はあわせて100兆個。善玉菌もいれば悪玉菌もいて、日々、勢力争いを繰り広げていますが、善玉菌の大将格とも呼べるのがビフィズス菌です。

ビフィズス菌は、腸内でビタミンB群やビタミンKを合成し、その一部はからだに吸収・利用されることから、これらのビタミン不足が一因と考えられる貧血、肌荒れ、出血性疾患の予防にも役立ちます。