ビューン

キーワードの候補

2件

ウェブ

ビューン

びゅーん

ビューン(株式会社ビューン)

株式会社ビューンが2010年6月1日午前0時から開始したサービスiPadiPhoneiPod touchソフトバンク携帯電話で30 以上の新聞・雑誌・テレビが楽しめるコンテンツサービス

閲覧できるコンテンツは、ニュース、ビジネス、ファッション、グルメ、モノ、旅、スポーツ、ファミリー向け情報など各ジャンルを代表するもので、年齢性別を問わずあらゆるユーザーをターゲットとしている。

雑誌や新聞・テレビをいつでもどこでも自分の手の中で閲覧できるという点で、出版業界の今後を脅かすような革命的なサービスである。

一方で、サービス開始直後から「ビューン」にアクセスが集中し、利用しにくい状態になったとし、Webサイトにお詫びの文章が掲載された。緊急でサーバを増強しているが、「時間帯によっては引き続きコンテンツが見にくい状況も予想される」としており、「設備対応が完了するまでの間、 今しばらくご猶予をたまわりますよう、ご理解の程よろしくお願い申し上げます」としている。

サービス概要

利用開始方法

iPadiPhoneiPod touch の場合

アップル社のコンテンツ配信サービスiTunes Store 内のApp Store(www.itunes.com/appstore/)から無料アプリケーション「ビューン」をダウンロードインストール後、ホーム画面の「ビューン」アイコンをタップすると、利用可能に。

ソフトバンク携帯電話の場合

ソフトバンク携帯電話取扱店、またはウェブから申し込む。(Yahoo!ケータイ→メニューリスト→Yahoo!ケータイサービス一覧→新聞雑誌TV「ビューン」)。

無料期間

iPadiPhoneiPod touch の場合

ホーム画面の「ビューン」アイコンをタップし、アプリケーションを初めて立ち上げた日から30 日間は無料。

ソフトバンク携帯電話の場合

ソフトバンク携帯電話取扱店で携帯電話端末の購入とあわせて申し込んだ場合、利用開始から1 カ月間は無料。ウェブから申し込んだ場合、無料期間はなし。

サービス特徴

1)iPad 向け特別編集版の新聞

毎日新聞西日本新聞スポーツニッポンについては、「ビューン」限定のiPad 向け特別編集版を配信。特別編集版の名称は、毎日新聞が「Mainichi iTimes(マイニチ アイタイムズ)」、西日本新聞が「先読みPICK UP」、スポーツニッポンが「Sponichi i(スポニチ アイ)」。なお、「先読みPICK UP」は、iPhoneiPod touch でも閲覧できる。

2)雑誌は発売日当日から誌面そのままで

ほとんどの雑誌で発売日当日から主要な記事が配信され、順次更新 (配信開始のタイミングや分量は、雑誌によって異なる)。また、すべての対応端末で、誌面そのままのレイアウトでスムーズに閲覧可能。

3)最新の動画ニュース

日本テレビ放送網のニュース専門チャンネル「日テレNEWS24」の最新ニュースを、動画とテキストで閲覧可能。

4)30 日間の無料期間

iPadiPhoneiPod touch は利用開始から30 日間、ソフトバンク携帯電話は利用開始から1 カ月間、無料で利用可能。

会社概要(6月1日時点)

*1:Flash Lite2.0 以上非対応機種、 X シリーズ、プリモバイルなどを除く。詳細は、ソフトバンクモバイルホームページ(http://softbank.jp)参照。また、「ビューン」のご利用には、S!ベーシックパックおよびパケット定額サービスの申し込みが必要。サービスの利用には、携帯電話ネットワークまたは無線LAN への接続が必要になり、その通信料金はユーザーの負担。

ビューン
目次

ウェブ

ビューン

びゅーん

飛行機などが勢いよく飛ぶ様子の擬態および擬音的表現語。

ビューンとも表記する。英語ではshot upに相当する。

(例文)びゅーんとスペースシャトルが上がって行った A space shuttle shot up into the air.

ビューン(viewoon.jp):3D-GISを利用した3Dビジュアルサーチ、賃貸・分譲マンション不動産、ホテル検索システム。インターネット上で空を飛ぶように移動できる。