ビル・トッテン

一般

ビル・トッテン

びるとってん

Bill Totten。1941年、カリフォルニア州生まれる。株式会社アシスト社長・評論家。2006年9月、日本国籍を取得。学歴は南カリフォルニア大学大学院学位経済学博士/南カリフォルニア大学

カリフォルニア州立大学卒業後、ロックウェル社、システム・デベロップメントに勤務する。在職中に南カリフォルニア大学経済学博士号を取得し、1969年に来日。1972年、パッケージソフトウェア販売会社「アシスト」を日本で設立

1990年、日米の経済摩擦の激しいさなかアメリカの姿勢を厳しく批判した処女作『日本は悪くない』を上梓。日米問題についての著書を精力的に執筆。その姿勢がアメリカ政府の嫌悪感を招き、ブラックリストに載せられたことから、アメリカ国籍を捨てた。