スマートフォン用の表示で見る

ビルバオ

地理

ビルバオ

びるばお

Bilbo / Bilbao


ビルバオバスク語:Bilbo, ビルボ / カスティーリャ語:Bilbao, ビルバオ) は、大西洋に面しビスケー湾 (Bizkaiko golkoa / Golfo de Vizcaya) を臨むスペイン北部屈指の港湾都市バスク自治州 (Euskal Autonomia Erkidegoa / Comunidad Autónoma del País Vasco) ビスカヤ県 (Bizkaiko Probintzia / Provincia de Vizcaya) の県都で、人口は約35万人。良質の鉄鉱石を産出することからヨーロッパ屈指の工業都市として栄えてきた。

近年、芸術・観光産業にも力を入れており、1997年にはグッゲンハイム美術館がオープン。「ビルバオバスク地方の独立を主張する過激派テロ集団 ETAバスク祖国と自由) の活動拠点」 という負のイメージを払拭しようという努力がなされている。

また、スペインの他の地方都市と同様スポーツ、特にサッカーが盛んで、リーガ・エスパニョーラスペインのプロサッカーリーグ) に所属する 「アスレティック・ビルバオ (Athletic Club)」 は、スペイン有数の名門クラブとして国内外にその名を轟かせている。