ピークフロー

一般

ピークフロー

ぴいくふろう
  • 喘息発作の程度の目安として、ピークフローが正常値に対して低下した場合、60%までは小発作、30%〜60%は中発作、30%以下は大発作であることが多い。
  • 朝は肺の機能が低下しやすく、ピークフローが低下しやすい。これをモーニングディープ?という。
  • 朝のピークフローの落ち込みが大きいときは、気道の過敏性が亢進している場合が多く、要注意。このとき、予防的措置を取っておけば重症発作に進展しにくい。
  • 喘息を常に最もよい状態にコントロールしていくためには、ピークフローの測定と記録が欠かせない。