スマートフォン用の表示で見る

ピースな愛のバイブスでポジティブな感じでお願いしますよ

俳優・窪塚洋介が、長女、愛流(あいる)ちゃんが誕生した際に発した名言。

一躍ネット中を賑わせる流行語となった。

「友好的な愛の波動のある、前向きな感じでお願いしますよ」の意で、

マスコミの取材に対して、うがった捉え方をしないで正しく報道してほしい、というような思いが込められた発言である。