スマートフォン用の表示で見る

ピーゼットシー

サイエンス

ピーゼットシー

ぴーぜっとしー

成分(一般名) : マレイン酸ペルフェナジン

製品例 : ピーゼットシー糖衣錠2mg~4mg~8mg

区分 : 神経系用剤(含む別用途)/フェノチアジン系/精神神経安定剤

------------------------------------------------------------------------

心の不調や不具合を調整するお薬です。神経の高ぶりや不安感をしずめ、気持ちをおだやかにします。心の病気のほか、いろいろな治療目的で使われます。

【働き-1】

気分を調整する作用があるので、統合失調症にかぎらず、強い不安感や緊張感、気分の停滞などいろいろな精神状態の改善に用いることがあります。

【働き-2】

心の病気の一つ「統合失調症」は、脳の情報伝達系に不調を生じる病気です。現実を正しく認識できなくなったり、思考や感情のコントロールが上手にできなくなります。幻聴や幻覚、妄想を生じることもあります。

このお薬は、そのような脳内の情報伝達系の混乱を改善します。おもに、ドーパミンという神経伝達物質をおさえる作用によります。とくに陽性症状(妄想、幻覚、幻聴、混乱、興奮)によく効きますが、陰性症状(感情鈍麻、思考・意欲減退)にも有効です。

統合失調症は、120人に1人くらいかかる普通の病気です。特別視することはありません。きちんと治療を続ければ、普通の社会生活が送れます。

【働き-3】

脳に働きかけて、吐き気や嘔吐を止める作用があります。メニエル症候群に対しても適応があります。