スマートフォン用の表示で見る

ピーター・セテラ

音楽

ピーター・セテラ

ぴーたーせてら

Peter Cetera


1944年9月13日生まれ、

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のミュージシャン。

シカゴの元ボーカリスト兼ベーシスト

シカゴ時代だけでなくソロとしても成功を収めた。

特徴のある伸びやかなハイトーンの歌声は「ミリオン・ダラー・ボイス(100万ドルの声)」と評される。


経歴

1967年、シカゴの前身となるバンド、ザ・ビッグ・シングに加入。

1969年にバンドはシカゴとしてデビュー。

ピーターは「長い夜(25 Or 6 To 4)」などのヒット曲のリード・ボーカルを務める。

ギタリストのテリー・キャスやキーボーディストの

ロバート・ラムがリード・ボーカルをとっている曲もあるが、

ピーターの歌声や節回しが非常に印象的で有名曲も多く、

一般にはピーターがシカゴのボーカリストとして認知されるようになった。


シカゴ在籍時の1981年には初のソロアルバムを発表するが、

当時はシカゴの低迷期でもあり、さほど話題にもならなかった。

ところが翌1982年

レコード会社を移籍したシカゴプロデューサーとして

デヴィッド・フォスターを迎え、アルバム「シカゴ16」を大ヒットさせる。

現在もバラード曲のスタンダードとして親しまれている

素直になれなくて(Hard To Say I'm Sorry)」は全米1位を記録した。

1984年のアルバム「シカゴ17」も引き続き大ヒットを記録し、

シカゴは復活を通り越して過去最大の成功を収めた。


1985年、ソロアーティストとして成功する自信を深めシカゴを脱退。

彼は以前からシカゴのブラスロック的アプローチを嫌い、

ソロ転向の機会をうかがっていたという。

同年に、映画「ベスト・キッド2(THE KARATE KID PART II)」の主題歌「Glory Of Love」、

翌1986年にはエイミー・グラントとのデュエット曲「The Next Time I Fall」が

それぞれ全米1位の大ヒットを記録。

両曲を収録した、アルバム「SOLITUDE/SOLITAIRE」もベストセラーとなった。


1987年、「STAY WITH ME(邦題:ステイ・ウィズ・ミー song for KA・GU・YA・姫)」が

日本映画「竹取物語」の主題歌となり、日本でも一躍有名となった。

1989年にはシェールとのデュエット曲、

「After All(Love Theme From Chances Are)」も全米6位にランクインする。


なお、ピーター脱退後のシカゴは、

彼によく似た声質のジェイソン・シェフを新しいボーカリストに迎えたことから、

その影響の大きさがうかがい知れた。

ピーターは現在でもシカゴのことについては語りたがらず、

自身のベストアルバムでもシカゴ時代の曲は再録バージョンを収録している。