スマートフォン用の表示で見る

ピーターの法則

一般

ピーターの法則

ぴーたーのほうそく

【Peter principle】

カナダ生まれのアメリカ人Laurence J. Peterが、1969年の著書The Peter Principleで発表した法則で、「階層的な組織に属する人間は、必ずその人の無能レベルまで昇進する」*1とするもの。

この法則から,「やがて,あらゆるポストは,職責を果たせない無能な人間によって占められる」,「仕事は,まだ無能レベルに達していない者によって行われている」という予測を導かれる.

*1:例えば、課長としては有能だが部長としては無能な人間は、そうであるにもかかわらず、部長に昇格してしまう。