ピア・カウンセリング

一般

ピア・カウンセリング

ぴあかうんせりんぐ

障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン

身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも適応されつつある。

浦河べてるの家で実践されている、有名な「とにかくミーティング」も、同種と思われる。


また、思春期特有の悩みについての「ピア・カウンセリング」という概念もあり、『ピアカウンセラー』『ピアカウンセラー養成者』『ピアカウンセリング・コーディネーター』などの資格(?)もある。