ピエルルイジ・コッリーナ

スポーツ

ピエルルイジ・コッリーナ

ぴえるるいじこっりーな

ピエルルイジ・コッリーナ Pierluigi Collina

イタリア人の審判。イタリア審判協会所属、FIFA国際審判員。

1960年2月13日生まれ、ボローニャ出身。188cm 75kg。

防衛庁の職員だった父親と小学校の先生を務めた母親の間に生まれる。1986年、ボローニャ大学経済学部及び法学部を卒業。ミラノで新聞社の経済部記者となる。1991年に結婚、宝石店を経営。現在は経営コンサルタントとしての顔ももつ。語学も堪能で、イタリア語、英語、スペイン語フランス語ができるという。趣味はバスケットボール観戦。

審判歴

子供の頃からサッカーに夢中だったが、17歳のとき、友達に誘われて審判の育成コースに参加する。20歳頃までにアマチュア上級審判になり、23歳の頃にはイタリア各地の審判をするようになる。31歳でセリエBデビュー。同年セリエAにデビューする。1995年(35歳)から国際審判員となる。1999年より5年連続で世界最優秀審判員に選出されている。2005年、イタリアサッカー協会の定年規定より引退することが決まっている。

著書

「ゲームのルール」ISBN:4140808128

 石川顕啓編、山口英雄訳 NHK出版 2003.8.27