スマートフォン用の表示で見る

ピクセルマッピング

コンピュータ

ピクセルマッピング

ぴくせるまっぴんぐ

主としてデジタルカメラ用語。

状況によって目立つ欠損画素、常時点灯画素(ドット欠け、デッドピクセル)をソフト的な処理で調整すること。


デジタルカメラに使用されているCCDCMOSセンサーは数百万から数千万の画素によって構成され、そのうちの数点が欠損し撮影画像に現れることははままあるとされる。これらはハードウェア自体の故障には分類されず、センサーを管理するソフトウェアの機能を調整することで調整が可能。メーカー修理扱いとなる場合が多いものの、保障修理の範疇となるかはメーカーの判断による。