ピッチドロップ実験

サイエンス

ピッチドロップ実験

ぴっちどろっぷじっけん

Pitch Drop Experiment

黒色で非常に粘弾性の高い樹脂である「ピッチ」の滴下実験。

1927年にクイーンズランド大学のThomas Parnell教授が「一見固体のように見え、固体のような性質を示す物質の中には、実は非常に粘度の高い流体もある」ということを生徒たちに示すために開始した。

足(下に伸びる管状の部分)に封をした漏斗にピッチを注ぎ、三年間寝かせて安定させた後、1930年に漏斗の封を切った。

その後大粒の滴が10年に1滴程度落ちる。

過去の滴下

1滴目1938年12月
2滴目1947年2月
3滴目1954年4月
4滴目1962年5月
5滴目1970年8月
6滴目1979年4月
7滴目1988年7月
8滴目2000年11月28日
9滴目2013年7月11日

ストリーミング映像