ピム・ファーベーク

スポーツ

ピム・ファーベーク

ぴむふぁーべーく

Pim Verbeek

オランダ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

1956年3月12日生まれ。ロッテルダム出身。

ロバート・ファーベークは実弟。Jリーグ時代の登録名はピム。

指導歴

1981-1984
FCドルトレヒト アシスタントコーチ
1984-1987
ユニタス・ゴーリンヘム 監督
1987-1989
デ・フラーフスハップ 監督
1989
フェイエノールト 監督
1990-1991
フェイエノールト アシスタントコーチ
1991-1992
FCワゲネンゲン 監督
1992-1993
FCフローニンゲン 監督
1994-1997
フォルトゥナ・シッタート 監督
1997-1998
フォルトゥナ・シッタート テクニカルディレクター
1998.7-1999
大宮アルディージャ 監督
2000-2001
オランダ代表 チームスカウト
2001-2002
韓国代表 アシスタントコーチ
2002-2003
PSVアイントホーフェン アシスタントコーチ
2003.7-2003.11
京都パープルサンガ 監督
2003.11-2003.12
京都パープルサンガ テクニカルアドバイザー
2004
オランダアンティル代表 監督
2004
ボルシア・メンヒェングラートバッハ アシスタントコーチ
2005
アラブ首長国連邦代表 アシスタントコーチ
2005-2006
韓国代表 アシスタントコーチ
2006-2007
韓国代表 監督
2007-2010
オーストラリア代表 監督
2010-
モロッコ代表 ナショナルユーステクニカルディレクター

経歴など

1973年スパルタ・ロッテルダムに入団。1980年現役引退まで104試合出場。引退後、指導者へと転身した。

FCフローニンゲンなどの監督を経て、1998年途中から1999年まで大宮アルディージャの監督を務めた。

2000年、オランダ代表チームスカウトとの兼任で、フース・ヒディンク率いる韓国代表アシスタントコーチを務め、2002年のFIFAワールドカップでの韓国の準決勝進出に貢献。

その後はPSVアイントホーフェンの監督に就任したヒディンクの元、PSVアシスタントコーチとなる。

2003年7月から京都パープルサンガの監督に就任したがJ1残留争いから抜け出せず、セカンドステージ残り2試合のところでテクニカルアドバイザーに転身。

2004年、オランダアンティル代表監督、ボルシア・メンヒェングラットバッハアシスタントコーチとなる。

2005年、UAE代表アシスタントコーチを経て、ディック・アドフォカート監督就任とともに韓国代表アシスタントコーチに復帰。

2006年のFIFAワールドカップ後、韓国代表監督に昇格。2007年AFCアジアカップでは、3位決定戦で日本をPK戦の末に破ったが、大会終了後に解任された。

2007年12月、オーストラリア代表監督に就任。2010年W杯では、グループリーグで1勝1分1敗に終わり敗退。大会後に退任した。


* リスト::サッカー選手