ピンカートン探偵事務所

一般

ピンカートン探偵事務所

ぴんかーとんたんていじむしょ

ピンカートン探偵社。19世紀中盤にアメリカ設立された警備・調査会社。全国規模の警察組織が未整備で「私警察」の需要が高かったことを背景に、州をまたいだ犯罪人の追跡や資産家の身辺警護などを手がけ、大規模労使紛争に「スト破り」として関与することで大きく発展した。なお、設立当初の社章は“We Never Sleep”の標語を付した目のマーク(私立探偵を“private eye”と呼ぶようになった語源とされる)。ハードボイルド派の代表的作家ハメットは、ここで調査員として働いていた経歴をもつ。