スマートフォン用の表示で見る

ピンボール

ゲーム

ピンボール

ぴんぼーる

ジャンル名:【同】フリッパー

傾斜のある、ピンが並んだフィールド内にボールを打出し点数を競うゲーム。その歴史は古く、一般的には1931年の「Baffle Ball(GOTTLIB社)」を起源としている。

1947年の「Hampty Dumpty(BALLY社)」以降、プレイヤーが直接ボールをコントロールするフリッパーが搭載され、ゲームとして劇的な進化を遂げ始めるとともに、コインオプゲームの代表的存在となる。

1970年代後半からビデオゲームに市場を圧迫されはじめるが、ピンボールも内部制御をMPU基板化することでより複雑でエキサイティングなゲーム性を表現し、かろうじて寿命を延ばしている。

年代および内部制御方法によってピュアメカニカル(純機械式・1930年代)、エレクトリック・マシーン(電気機械式・〜1970年代後半)ソリッドステート(電子基板式・〜現在)の3つに大別される。

代表的なメーカー

GOTTLIEB
ゴットリーブ/1996年倒産
BALLY
バリー・1988年/ウィリアムスに買収される。
Williams Electronics Games, Inc.
ウィリアムス/1999年にピンボール事業から撤退。
STERN
スターンシカゴ・コイン社をSam Stern氏が買収し、その後データイースト1987年)、セガ(1994年)と身売りを繰り返すが、1999年、今度はGary Stern氏が買収し現在も活動を続ける。
Capcom Coin-op Inc
カプコン/親会社はストIIでおなじみのあの会社。1997年に清算。

参考リンク

TokyoPinballOrganization
http://www.vc-net.ne.jp/~tpo/
The Internet Pinball Machine Database
http://www.ipdb.org/

また、Windows XPなどのPCソフトの内臓ゲームとされている。