スマートフォン用の表示で見る

フードファディズム

フードファディズム

ふーどふぁでぃずむ

food faddism

健康によいとされる食品に人々が一時的に殺到する現象。

マスコミや書籍・雑誌の情報を鵜呑みにして、食べものや栄養が健康と病気に与える影響を過大に信じてバランスの欠けた異常な食行動をとること。日本には1998年ごろ、高橋久仁子によって紹介されたのが始まり。

解決策