スマートフォン用の表示で見る

フーヴァー研究所

社会

フーヴァー研究所

ふーう゛ぁーけんきゅうしょ

(Hoover Institution on War, Revolution and Peace、フーヴァー戦争・革命・平和研究所

公共政策シンクタンクで、1919年に後の大統領スタンフォード大学卒業生のハーバート・フーヴァーが創設した。

フーヴァー研究所はスタンフォード大学の一部で、キャンパス内に位置している。研究所ではフーヴァー大統領第一次世界大戦第二次世界大戦に関する大量の文書を保管している。研究所の使命に代議政体、私企業、平和、個人の自由、アメリカの制度の保護を主義として掲げている。

フーヴァー研究所は保守リバタリアニズムに大きな影響を及ぼしている。研究所では長らく政治経験のある経験豊かな保守主義者にとっての学術の場となってきた。多くのフーヴァー研究所研究員は、ブッシュ政権などの共和党政権に参画していた。