スマートフォン用の表示で見る

ファイアーエムブレム トラキア776

ゲーム

ファイアーエムブレム トラキア776

ふぁいあーえむぶれむとらきあななななろく

任天堂より発売されたスーパーファミコンシミュレーションRPG。 開発はインテリジェントシステムズ

1999年8月28日にプリライト版(「トラキア776」のデータを入れたSFメモリカセット)と特製グッズ付きのDXパック版が発売。続いて9月1日からニンテンドウパワーでの書き換えが開始された。2000年1月21日に通常のROMカセット版が発売されたが、出荷数が少なく入手困難となっており、中古ショップなどではプレミア価格が付いている。

WiiWii Uバーチャルコンソールで配信されている。

概要

ファイアーエムブレムシリーズの第5作目。

前作『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』の外伝的作品で、レンスター王国の王子リーフが臣下のフィン達とともにトラキア半島の平和を取り戻すまでの物語を描いている。

スキルシステムなどは前作から受け継がれているが、全体的なゲームシステム・流れは『ファイアーエムブレム 紋章の謎』に近い。可変シナリオ(外伝章)、「疲労度」「体格」のステータス、「かつぐ」「捕える」コマンドなどの新要素も追加されている。

とかく難しいと言われるファイアーエムブレムシリーズの中でも難易度は高い。