ファイアリークロス礁

地理

ファイアリークロス礁

ふぁいありーくろすしょう

(英語:Fiery Cross Reef、ベトナム語:Đá Chữ Thập、中国語: 永暑礁)

スプラトリー諸島南沙諸島)にある岩礁珊瑚礁中華人民共和国により干出岩周辺が埋め立てられ人工島が造成された。

概要

長さ22km、幅約7km、水深14.6〜40mの広大な岩礁珊瑚礁でできた暗礁。干潮時にわずかに海面上に露出し満潮時に水面下50cm〜1mに没する干出岩があったが、中華人民共和国によって周辺の岩礁珊瑚礁が埋め立てられ約1平方キロメートルの南沙諸島最大の人工島が造成された。

1947年中華民国が「永暑礁」の名称を公布した。国連海洋法条約では海面下の地形に領有権を設定できないが、中華人民共和国中華民国台湾)及びベトナム主権を主張している

かつてベトナムがこの礁を占領していたが、1987年5月25日には中国の国家海洋局南沙考察隊が領有を主張する為の主権碑を建設した。1988年のスプラトリー諸島海戦赤瓜礁海戦)では、中国人民解放軍ベトナム軍を攻撃し、その中の暗礁を奪った[4]。その後は中華人民共和国実効支配し、中国人民解放軍海軍南海艦隊の重要な戦略拠点としている。

中国国有通信企業の中国移動が、この礁に移動通信基地を設置している。軍事関係者200人が常駐し要塞化しており、飛行場も建設予定。