ファブラボ

主に電子工作の場を個人に提供するワークショップ。Fab lab(fabrication laboratory)。

誰もが「ほとんど何でも(Almost Anything」作れることを目的とした場であり、コンピュータレーザーカッター、ウォーターカッター、3Dプリンタなどを提供する。

「ファブ(Fab)」には、「Fabrication(ものづくり)」と「Fabulous(楽しい・愉快な)」の2つの意味が含まれている。

始まり

2001年、MITでNational Science Foundationの協力を得て、Grassroots Invention Group(GIG)とCenter for Bits and Atoms(CBA)により初めてのプログラムが実施されたとされる*1