スマートフォン用の表示で見る

ファミコン神拳

ゲーム

ファミコン神拳

ふぁみこんしんけん

1980年代後半に『週刊少年ジャンプ』に掲載されていたゲームレビュー。「北斗の拳」のパロディー。

ゆう帝(堀井雄二)、ミヤ王(宮岡寛)、キム皇(きむらはじめ)らがレビューを担当*1。イラストは土居孝幸


ゆう帝とミヤ王が「ドラゴンクエスト」の製作者でもあったため、「ファミコン神拳」内でドラクエをベタ褒めし、ジャンプ読者をマインドコントロール1987年の「ドラクエII」大ヒットに繋がった*2

*1:のち、てつ麿(黒沢哲哉)、カルロス(とみさわ昭仁)らが参加

*2:もちろん、ゲーム自体にも魅力があったことは間違いない。