HVC-012 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

ファミリーコンピュータ ロボット

ふぁみりーこんぴゅーたろぼっと

任天堂から1985年7月26日に発売されたファミリーコンピュータ用周辺機器。型番はHVC-012。デザインは横井軍平によるもの。

画面から出される光信号をロボットの目で受信し、ロボットを動かすといったもので、対応ソフトとして「ブロックセット」と「ジャイロセット」の2種類が発売された。

しかし、ロボットの動作が遅い、遊び方が複雑で分かりづらいなど、万人に受け入れられるものではなかったため、以後のソフトが発売されることはなかった。

海外ではR.O.B.(Robotic Operating Buddy)の名前で発売され、Nintendo Entertainment System(NES)の配色に合わせて灰色を基調とした配色に変更された。

以後の展開

スターフォックス64』ではHVC-09という名前の未完成ロボットがボスとして登場。「破壊セヨ 破壊セヨ」「ワタシ ヲ カンセイ サセナサイ」「クリエーター ハ ドコダ」などの台詞が印象的であった。

星のカービィ3』では対応ソフトに登場するへクター博士からロボットの部品を集める依頼があった。

メイドインワリオ』ではナインボルトのプチゲーム「ロボット」として登場。また、『おどるメイドインワリオ』ではナインボルトのボスゲーム「スターフォックス」のボスとして登場する。

F-ZERO GX』では「ポートタウン エアロダイブ」の背景として登場。後述の『大乱闘スマッシュブラザーズX』のステージにも登場している。

ピクミン2』では「ブロックセット」の各ブロックパーツとロボットの頭部がお宝として登場。

そして、『マリオカートDS』でついにプレイヤーキャラクター「HVC-012」として隠しキャラで登場。HVC-BLS(ブロックセットの型番)、スタンダードRB、HVC-LGSの3種類に搭乗する。

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズにおけるロボット

大乱闘スマッシュブラザーズX』『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』で隠しキャラクター「ロボット」として登場。

スマブラX』のアドベンチャーモード『亜空の使者』ではロボットの姿をした「ロボットアタッカー」「ロボットブラスター」「ロボットランチャー」がザコ敵として登場。エインシャント卿の指示のもと、亜空爆弾を起動する役に就いている。

必殺ワザ/最後の切りふだ

通常必殺 - ロボビーム
目からキャラを貫通するビームを発射する必殺ワザ。ビームは発射角度を変えることができ、壁や床を反射する。連発して使うことはできないが、一定時間使用しないと「スーパーロボビーム」となり威力が高くなる。
上必殺 - ロボバーナー
ホバー燃料を使い、空中に上昇する必殺ワザ。滞空時間は長いが、燃料が切れると飛ぶことができず、燃料の装填には1.5秒弱の時間が必要となる。
下必殺 - ジャイロ
「ジャイロセット」のジャイロを回転を溜めて飛ばす必殺ワザ。一度飛ばすとジャイロが無くなるまで再び飛ばすことができない。回転が弱くなったジャイロは掴んで投げることも可能。
横必殺 - アームスピン
ロボットのアームを回転させて攻撃する必殺ワザ。回転中のアームは飛び道具をはね返すことができる。
最後の切りふだ - 拡散ロボビーム
スマブラX』では、一定時間無敵状態となり、目から拡散ビームを発射し続ける。拡散ビームを発射している間も「ロボビーム」以外の行動は可能。『スマブラfor』では、巨大なビームを発射するものに変更された。