スマートフォン用の表示で見る

ファン・ボイ・チャウ

社会

ファン・ボイ・チャウ

ふぁんぼいちゃう

ベトナム語:Phan Bội Châu、漢字:潘佩珠、1867年12月26日 - 1940年10月29日)

ベトナム民族主義運動の指導者。1904年、阮朝皇族のクォン・デ(Cường Để、彊柢)を盟主として「ベトナム維新会」を結成し、武器援助を求めるべく1905年に来日した。亡命中の梁啓超を通じて知り合った犬養毅らから人材育成の必要を説かれたことから、ベトナムの青年を日本に留学させる東遊運動トンズー運動)を興した。しかし、このような動きに危機感を抱いたフランス日本政府に働き掛けて、1909年に国外退去にさせる。その後中国に渡り、1912年に広東でベトナム光復会を結成した。武力によるベトナムの解放を目指したが、大きな成果は得られなかった。1925年上海でフランスの官憲によって逮捕され、ハノイ河内)で終身刑を宣告される。しかし、ベトナム国内の世論の反発を受けて恩赦。フエ(順化)に軟禁されたまま没した。