スマートフォン用の表示で見る

ファンタジア長編小説大賞

読書

ファンタジア長編小説大賞

ふぁんたじあちょうへんしょうせつ

富士見書房が主催するライトノベル新人賞

ライトノベル新人賞の中では歴史が古く、神坂一冴木忍小林めぐみなど多くの作家を輩出してきた。

第20回までの大賞受賞作は、五代ゆう『はじまりの骨の物語』(第4回)、滝川羊『風の白猿神』(第6回)、 貴子潤一郎12月のベロニカ』(第14回)、川口士『戦鬼』(第18回)の4作のみ。

なぜか選考期間が異常に長いことでも知られる。

2008年から、「ファンタジア大賞」に名称変更。


受賞者および途中選考デビュー者リスト