フィッシャー・キング

映画

フィッシャー・キング

ふぃっしゃーきんぐ

The Fisher King?

  • 1991年|アメリカ映画|カラー|137分|画面比:1.85:1

スタッフ

キャスト

解説

過激なトークが売りだったDJのジャックは、失言が元で大量殺人事件を引き起こしてしまう。今や仕事もなく、恋人の元に転がり込んで呑んだくれている毎日だった。そんなある日、ホームレスのパリーと知り合う。彼は精神を病んでいたが、2人の間に奇妙な絆が出来上がる。

夢と現実、男と男の友情、2組の不器用なラヴロマンスと、内容もりだくさんな作品は、テリー・ギリアムならではの笑いと幻想渦巻く快作となっている。ギリアムならではのヴィジュアル・スタイルはいつもに比べて控え目だが、随所にそのセンスを伺えることが出来る。圧巻はパリーに見える悪鬼のような馬上の騎士と、グランド・セントラル・ステーションでの舞踏場面だろう。

ジャック役ジェフ・ブリッジス、パリー役ロビン・ウィリアムズも良いが、それぞれの相手役であるマーセデス・ルール?アマンダ・プラマーも好演。

本作によりマーセデス・ルール?アカデミー助演女優賞を獲得した。

アカデミー賞

DVD

フィッシャー・キング [DVD]

フィッシャー・キング [DVD]

ヒューマンドラマ?