スマートフォン用の表示で見る

フィラエ神殿

地理

フィラエ神殿

ふぃらえしんでん

Temple of Philae

エジプト南部?の都市アスワンを流れるナイル川に浮かぶフィラエ島にある神殿古代エジプト女神イシスを祭る。現存する建物はプトレマイオス朝時代に建造され、古代ローマ時代にかけて増築された。塔門にはイシス、ホルス、ハトホルに生贄をささげる王の姿を描いた浮彫が残っている。アスワン・ダムの建設により、半水没状態であったが上流のアスワン・ハイ・ダムの建設を機にユネスコにより1980年、フィラエ島からアギルキア島に移築、保存されることとなった。現在はアギルキア島をフィラエ島と呼んでいる。1979年「アブシンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」の一部として、世界遺産文化遺産)に登録された。イシス神殿?