フィラデルフィア・エクスペリメント

一般

フィラデルフィア・エクスペリメント

ふぃらでるふぃあえくすぺりめんと

1943年10月28日に、アメリカペンシルバニア州フィラデルフィア海軍工廠*1で行われたと噂される、米海軍によるステルス実験。

実験対象となった駆逐艦エルドリッジ号はレーダー上からだけでなく実際に消滅し、約600km離れたノーフォークにまで瞬間移動した後、再びフィラデルフィアに戻ってきたとされる。さらに、乗船していた船員らに異常をきたし、行方不明・死亡者16名、発狂者6名という結果を残したとされている。マンハッタン計画に対する欺瞞作戦とも言われるが、詳細は不明。なお、米海軍は現在、そのような実験が行われた事実はないとしており*2、ただの都市伝説というのが通説である。

なお、駆逐艦エルドリッジ号は、1951年アメリカ海軍を除籍し、ギリシャ海軍に払い下げられ、1991年には除籍、解体のため売却されている*3


事件をモチーフにした同名タイトルの映画「フィラデルフィア・エクスペリメント」(1984),「フィラデルフィア・エクスペリメント2」(1993)がある。

*1:「フィラデルフィア沖」とするのは誤り。なぜならフィラデルフィアには海はない。大西洋とは川(軍艦も通れる)でつながっている。

*2http://www.history.navy.mil/faqs/faq21-1.htm

*3http://en.wikipedia.org/wiki/USS_Eldridge_%28DE-173%29