フィリップ・ド・ブロカ

映画

フィリップ・ド・ブロカ

ふぃりっぷぶろか

Philippe de Broca

クロード・シャブロルフランソワ・トリュフォーの助監督を経験後、1960年「Les Jeux de l'amour」で監督デビュー。

1963年「リオの男」が米アカデミー賞脚本賞にノミネートされる。

1997年には「愛と復讐の騎士」で、セザール賞作品賞にノミネートされている。

2004年11月26日、パリ郊外ヌイイ=シュル=セーヌにて癌のため死去、71歳。

主な作品

1961年大盗賊

1962年新・七つの大罪

1963年「リオの男

1964年ピストン野郎

1965年カトマンズの男

1967年「まぼろしの市街戦」「愛すべき女・女たち

1974年「おかしなおかしな大冒険

1975年ベルモンドの怪盗二十面相

1995年「陽だまりの庭で

1997年愛と復讐の騎士