フィリップ・ベイリー

音楽

フィリップ・ベイリー

ふぃりっぷべいりい

Philip Bailey (1951-)

アメリカR&Bソウルゴスペル・シンガー。

アース・ウインド&ファイアー(EWF)のメイン・ボーカル。ファルセットボイスが特徴。

フィル・コリンズとのデュエット『イージー・ラバー』がヒットしたことでも有名。

占星術スピリチュアル的なコンセプトを打ち出したEWFのイメージに反して、本人は熱心なクリスチャンである。EWFの活動と並行して80年代よりソロ・アルバムを発表する一方、79年以降、ゴスペル・アルバム(演奏スタイルはソウルだが)をマイナー・レーベルより数枚発表している。