スマートフォン用の表示で見る

フィリピンのバロック様式教会群

地理

フィリピンのバロック様式教会群

ふぃりぴんのばろっくようしききょうかいぐん

(英名:Baroque Churches of the Philippines、仏名:Églises baroques des Philippines)

1993年に登録されたフィリピンの世界遺産文化遺産)。ルソン島マニラ、パオアイ、サンタ・マリアと、パナイ島のミアガオにあるスペイン植民地時代の教会群。スペインは1571年にルソン島マニラとその周辺を占拠し、フィリピン植民地化すると、統治のための役所や総督の邸宅をはじめ、キリスト教を布教するため各地に聖堂を建設した。聖堂バロック様式を基礎に、地震台風に備えた強固な石造りで、他のヨーロッパ列強に対する防御の拠点ともなる要塞としての機能を持っていた。世界遺産に登録された4つの聖堂のうち、最古の聖堂マニラのサン・アグスティン聖堂で、その他パオアイのサン・アグスティン聖堂、サンタ・マリアのヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・アスンシオン聖堂、ミアガオのサント・トマス・デ・ビリャヌエバ聖堂が残る。第二次世界大戦の戦火を耐え抜いたこれらの聖堂は、「地震バロック」とも呼ばれるほど強固で、植民地時代の遺産としてその歴史的な価値が認められている。