フイヤン派

読書

フイヤン派

ふいやんは

フランス革命時の党派の一つ。立憲君主制を志向してジャコバン・クラブ?から分離した。フイヤン派修道会僧院だった建物に本拠を置いたのでこの名がある。

議会立法議会)の右派を構成したが、王政廃止と共和制樹立に伴って衰えた。参加者は多数が恐怖政治下で処刑されるか亡命を余儀なくされるかした。


主な指導者

バルナーブ

デュポール

ラメット兄弟

バイイ

ラ・ファイエット

シェイエス?