スマートフォン用の表示で見る

フェアレディZ

一般

フェアレディZ

ふぇあれでぃぜっと

日産自動車スポーツカーで、スカイラインと双璧をなす日産のイメージリーダー*1

北米を中心に、ヨーロッパの小型スポーツカーのほとんどが市場を失うほどのヒットとなった初代を筆頭に、名車との声が高い。

ダットサンフェアレディ(SR311型)の後を継いで、Zの名で初代(S30型)が発売されたのは、1969年10月*2

二代目(S130型)の発売が、1978年8月*3

三代目(Z31型)はエンジンを直6からV6に変更*4し、1983年9月発売。

4代目(Z32型)は、1989年7月発売。日産自動車の経営不振により、2000年8月に生産中止となった*5

V字回復後の2002年7月、現行モデルの5代目(Z33型)発売。「日産復活のメッセージ」とされた*6

6代目(Z34型)は2008年12月発売。全長が100mm縮小された。

*1フェアレディZは「ダットサン」、スカイラインは「プリンス」の血統を引き継いでいる。

*21971年10月には当初輸出用に搭載されていた2.4リッターエンジン車が国内向けにも追加。

*3:「西部警察」の大門刑事が乗っていた特殊パトカー「スーパーZ」は、ガルウィングに改造したこの二代目がベースになっている。

*41985年に直6エンジン搭載車「200ZR」が追加。

*5:2003年には映画「キル・ビル」にも登場。

*6:2003年10月にはオープンカー仕様のロードスターも登場。