スマートフォン用の表示で見る

フェザーン自治領

読書

フェザーン自治領

ふぇざーんじちりょう

田中芳樹の小説「銀河英雄伝説」及びその関連作品に登場する架空の国家。銀河帝国自由惑星同盟を結ぶ2つの回廊の一方にあたるフェザーン星系の第二惑星に作られた都市国家地球出身の大商人のレオポルド・ラープが帝国に強くはたらきかけて帝国暦373年(宇宙暦682年)に自治権を得る形で誕生した。

対立する二大国家の間で中立を保ち、交易を一手に独占。単体での軍事力は小さいが、どちらかに着けば交通の要路でもあり、軍事バランスを大きく変えるという要素とも相まって、経済力は非常に大きかった。

しかし、帝国暦490年(宇宙暦799年)に帝国軍の侵攻によって占領されて帝国領に併合された。

銀英伝」の時代の自治領主はルビンスキー。彼が最後の自治領主だった。