フェビアン協会

一般

フェビアン協会

ふぇびあんきょうかい

Fabian Society

1884年にロンドンで結成された社会主義者の団体。

ウェッブ夫妻バーナード・ショーグレアム・ウォーラスを中心に結成。マルクス主義を批判し、議会政治の中で生産手段の国有化を含めた国家の大規模な干渉による社会福祉の漸進的達成を説いた。これらのイデオロギーフェビアン主義と呼ばれ、1906年イギリス労働党の成立及び理論的支柱となった。

名称は、ポエニ戦争のとき決戦を避けて漸進戦法でハンニバルを破った,古代ローマの将軍ファビウスの名に由来する。